ご使用中の注意

ガス臭い時
プロパンガス(LPガス)は本来、無臭ですが、ガスが漏れた時にすぐに気づくように、ガス特有の臭いをつけています。ガス臭いと感じたら、以下の手順で当社にお電話にてご連絡ください。
ガス臭い時 イメージ写真
(1)火気は絶対使用しないでください

着火源となる裸火、換気扇、電気などのスイッチにも絶対手を触れないでください。 電気のスイッチは切る時にも火花が出ます。切ることもしないでください。

(2)ガスを外に追い出してください

戸や窓を大きく開けてください。
※LPガスは空気よりも重いため、低い所に溜まったガスにもご注意してください。
ガス機器の使用を中止し、ガス栓やメーターガス栓を閉めてください。  
火気は絶対に使わず、換気扇・照明を含む電気のスイッチにも手を触れないでください。

(3)ガス漏れの状況をすぐ連絡してください

「緊急時の連絡先」の指示に従ってください。
安全確認が済むまでガスは使用しないでください。
緊急時の連絡先は、24時間無料で対応しています。

地震の時は
地震が発生したら、まず身の安全を確保しましょう。震度5相当以上の地震が発生した場合、LPガス用のガスメーター(マイコンメータ)は、自動的にガスを遮断します。慌てず、落ち着いて行動してください。
地震の時は イメージ写真
(1)揺れがおさまったら火の始末をしてください

地震がおさまったら、ガスまわりの安全を確認してください。

ガス機器の火をすべて消してください。
ガス栓をすべて閉めてください。
ボンベが倒れていないか、チェーンが緩んでいないかを確認してください。

(2)安全が確認できた後に

ガスメーターの表示部に「ガス止」と文字が表れ、ガスが止まったときは、復帰の手順に従って操作してください。ガス漏れなどの異常がなければ、復帰してガスが使えます。「マイコンメーターの復帰方法」に従って復帰操作をお願いします。復帰しない場合は、復帰操作を繰り返し行わずに、当社までご連絡ください。

ガスが出ない時/ガスメーター(マイコンメーター)の復帰方法
プロパンガスの流れや圧力などに異常があると、ガスメーターが自動的にガスを遮断し、表示部に遮断原因が表示されます。
ガスメーター
(1)ガス遮断時の表示

●長時間使用または消し忘れ時

長時間使用または消し忘れ時の表示

●ガス圧力が低下した時

ガス圧力が低下した時の表示

●地震(震度5相当以上)発生時

地震(震度5相当以上)発生時の表示

●ゴム管が外れた時など(大量漏えい)

ゴム管が外れた時など(大量漏えい)の表示
(2)ガスメーター(マイコンメーター)の復帰

異常がなければ、ガスメーターを復帰することができます。
ガス漏れやガス臭い時は、復帰操作をせず当社にご連絡ください。
<復帰方法>
@ 器具栓をすべて止めてください。
使っていないガスの元栓も閉まってことを確認してください。
A 左側の復帰ボタンのキャップを外し押してください。
(「ガス止」の文字が消えます)
B 復帰ボタンを1回ゆっくりと押し込み、手を離します。
C 赤ランプが点滅します。ガスを使用せず約3分待ちます・この間に安全を確認。 赤ランプが消えれば復帰完了です。(ガスが使えます)

LPガス 供給エリア
LPガス供給エリア

立川市を中心に、東大和市、国立市、国分寺市、府中市、調布市、八王子市、稲城市、町田市、奥多摩町、青梅市、瑞穂町、羽村市、福生市、あきる野市、日野市、多摩市、武蔵村山市、東村山市、東久留米市、昭島市、清瀬市、日の出町、檜原村など広域にわたりLPガスを供給しています。

→詳細はこちら

NORITZ
Paloma
Rinnai
PURPOSE